年齢制限なしに理想の胸を手に入れる|バストアップに関する疑問

身近なバストアップ方法

ドクター

バストアップを目指す人やダイエット中の人なら、誰でも理想の体型を少しでも早く手に入れたいと思うものです。バストアップをする手っ取り早く確実な方法でいえば、美容外科手術が一番ですが、身近なところから実践する方法もあります。短期間で自力で体型を変化させることは簡単ではありませんが、人によっては大きい効果が表れることもあるので試してみて下さい。
個人でバストアップを目指すなら、まずはブラジャーを見直しましょう。体に合っていないブラジャーを着け続けると、バストをつぶしてしまったり形が崩れてしまったりと、悪い影響を及ぼしかねません。ブラジャーのワイヤーは胸の丸みに合っているか、ブラジャーとバストの間に隙間がないか、肩紐の長さは適切かなどのポイントに注意して、自分に合ったブラジャーを用意しましょう。一日の間に数回、ブラジャーと胸を正しい位置に調整し直すことも忘れないで下さい。次に、睡眠時間を十分にとるように心がけましょう。バストは眠っている間が一番成長するといわれています。女性ホルモンや成長ホルモンの分泌が活発になる深夜帯は、きちんと睡眠をとりましょう。良質な睡眠はバストアップに欠かせません。慢性的に寝不足気味な人は、できる限りたくさん睡眠時間を確保して下さい。また、体を温かく保つこともバストアップに効果的です。特に冷え性の女性は、お風呂では湯船に浸かる習慣をつけましょう。バストアップするには、血行やリンパの流れが良くなければいけません。40度前後の湯船に10分以上は浸かるようにしましょう。
普段の食事からもバストアップを目指すことは可能です。バストアップに効果的な食材というと、有名なのが大豆です。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするためだといわれています。大豆は豆乳や納豆など手に入りやすい食材であり、美容にも効果的な食材なので、バストアップ以外の効果も見込めます。聞き慣れない方も多いと思いますが、“ボロン”というエストロゲンの分泌を促す成分の含まれたキャベツもバストアップに向いている食材です。また、“高タンパク・低カロリー”なマグロは、ダイエット中に体重を落としながらバストアップを目指している方におすすめです。
大胸筋や背筋などのバスト周辺の筋肉を鍛えることもバストアップに繋がります。仕事の休憩時間や家事の合間の空き時間など手軽に実践できるので、積極的に体を動かしましょう。ランニングなどの体重そのものを落とす方法では、バストのサイズがダウンしてしまう恐れがあるので、運動でバストアップを目指したい方は専用のエクササイズを行って下さい。